シャネルの特徴

シャネルといえば、バッグだと思われてしまうかもしれません。 それどころか、香水を思い浮かべる人もいるでしょう。 本当は、帽子専門店から始まった会社であり、その後オートクチュールのデザイナーとなっていったアパレルメーカーなのです。

その思想は古い価値観にとらわれない女性像という言葉に表れている通り、それまでにあまり使われることのなかった、ジャージ素材やツイード素材といったものを使い展開していきました。
今でもその思想の流れは明確で、何も古いものに縛られることなく、斬新なアイデアを取り入れたデザインになっているといえるでしょう。

シャネルのアパレルは斬新なアイデアを取り入れていっていますが、バッグほど前面に出て主張することはありません。
どちらかといえば、おしとやかなのであり、謙虚さはエレガントという、ココ・シャネルの言葉を継承しているといえるでしょう。
ですが、ありきたりのデザインであるかといえば、それは全く違います。
さりげなくココボタンを使ってブランドを前に出していたり、洋服に使われるようなものではない異素材を取り入れたりと、既存の概念に縛られていないところは、デザインの妙ともいえる部分なのです。

抑えた作りは、バッグなど他のものもトータルに考えたとき、それぞれを単独で使う以上に映えることを考えられているといえるでしょう。

だからこそ、シャネルは流行を作り出しているのではなく、スタイルを作り出しているといえるのです。

ブランドバッグの高価買取のお店

No.1どこよりも高くを挑戦しています
喜んでいただけるような高額のブランド買取りを実現!
お電話でのお問い合わせでも、もちろん受け付けております。