シャネルの特徴

ウォレットというと、単純に財布と考えるものです。 本当は折り畳み式の札入れを指す言葉なのです。 特に、レザーでできたものをいうのですが、シャネルにも多くのウォレットがあるのです。

ブランドバッグの高価買取のお店

No.1どこよりも高くを挑戦しています
喜んでいただけるような高額のブランド買取りを実現!
お電話でのお問い合わせでも、もちろん受け付けております。

できることならば、バッグと素材やデザインを合わせて使っていきたいウォレットではありますが、利用の度合いを考えると、どうしても耐久性を重視したいところです。
マトラッセは確かに柔らかく美しいのですが、どうしても傷が付きやすい欠点があります。
とかく使う機会が多くなるわけですので、ちょっときつい部分もあるのは否めません。
そこで、キャビアスキンを使ったウォレットを使ってみるのもいいでしょう。

シャネルといえば、どうしても素材が柔らかく、耐久性は高くないと思われてしまいますが、キャビアスキンは丈夫で長持ちする素材です。
細かい粒状の起伏ができているのが特徴で、耐久性に優れた素材です。
手触りはマトラッセにかないませんが、折り畳みであるウォレットには、もってこいの素材であるといえるでしょう。

キャビアスキンというと、チョウザメの革なのかと考えてしまいます。
その風合いから名付けられただけで、実はカーフの一種です。
型押ししてつけられただけで、シャネル特有の素材であるといえるでしょう。
この加工のおかげで傷に強くなっているのですが、マトラッセとは真逆の感じでかなり固めな印象を受けるといっていいでしょう。

そのため、バッグよりもウォレットなどのほうは向いているといえるのです。